MENU TEL

腰痛

腰痛の対処の仕方や改善は杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院へ

腰痛は誰もがなりやすい症状の一つです。これは正しい姿勢や筋肉を使うことによって対策することが可能です。しかし世間ではこのことはあまり知らされていないので対策が上手くできないのですね。そこで杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院にお任せください。患者様に合った治療プランや対処の仕方までしっかりとアドバイスします。

身体の土台となる骨盤の矯正

人間の身体を支える重要な役割を持つのが骨盤です。上半身と下半身をつなぐ土台となっている部分なのです。もし骨盤にゆがみがあれば、腰痛が出てきてしまいますし痛みを慢性化させます。杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院では、丁寧に骨盤矯正をおこない全身のバランスを正常な状態へと整えます。今まで長年苦しめられてきた腰痛も驚くほどに早く改善されたという患者様もたくさんいらっしゃいます。

痛みを我慢していると他の部位にまで広がります

腰痛を我慢して生活していると、無意識のうちに腰に負担をかけないように姿勢が悪くなったり、動作に悪いクセがついてしまいます。そうすると腰だけではなく、今度は他の部位にまで痛みが出てきてしまうこともあるのです。悪循環を断ち切るためにも杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院の治療が必要です。

腰の痛みを放っておくと・・・

腰痛を放っておくと、他の部位まで広がるとお話をしましたが、酷い人は、坐骨神経痛になることもあります。坐骨神経は、お尻の深層を走行しています。腰痛がきっかけで、お尻の筋肉(特に梨状筋)まで悪くなると、つらい症状が足全体に現れてしまったり、痺れが発生します。阿佐ヶ谷のたんぽぽ整骨院では、深層にある、根本的な原因である筋硬結を治療をすることで、不快な症状や痛みを根本的に改善します。

腰痛の原因は、脊柱起立筋です!

腰痛の原因は、腰周りの筋肉で、主に脊柱起立筋です。その中でも、特に多裂筋という筋肉が悪くなると、深いな症状や痛みを出します。普通のマッサージやストレッチでは、この多裂筋の悪さは治療をすることが難しいため、症状改善が難しい事があります。阿佐ヶ谷駅の阿佐ヶ谷たんぽぽ整骨院では、この多裂筋を触り分け、適切な治療を施します。腰痛の症状改善が期待できる治療方法なので、ぜひお越し下さい。

慢性的な腰痛には、深層筋治療が効果的です。

阿佐ヶ谷駅のたんぽぽ整骨院では、慢性的な腰痛も得意としております。慢性的な腰痛には、深層に筋硬結というしこりができています。深層筋治療は、その筋硬結をとることを目的としております。慢性的な腰痛を改善するには、20分程度の時間をかけて表面の筋肉の緊張をとります。そして徐々に刺激を強めていき、筋硬結にたいして治療を施します。そうすると、筋硬結に神経性炎症という反応がおき、治る反応がおきるんです。

腰は「身体の要(かなめ)」です。

身体を動かす為、同じ姿勢で居続ける為、決して外せない場所が腰です。腰部のバランスが悪くなれば、おのずと他に影響を及ぼします。更にそのアンバランスな状態が持続すれば、周辺の筋肉が不自然な連動が行われ、それが慢性化致しますと、ついには筋肉が硬くなり、ぎっくり腰の引き金になってしまいます。

慢性的な腰痛にはインナーマッスルセラピーを是非!

以前に椎間板のヘルニアを患っていた方に起こりやすいのが慢性的腰痛です。ヘルニアの辛さを筋肉の鎧でカバーしてしまい、腰部周辺の筋肉が常に緊張した状態を保っておりますと、筋肉は慢性的に披露し、柔軟性を失って、それがピークに達しますと、魔女の一撃とも揶揄される、ぎっくり腰になってしまいます。

梅雨のこの時期に「腰痛」が増えるんです!

梅雨と言いますのは、ただ純粋にジメジメとうっとおしい季節~…ってだけではなく、気圧の上下によって身体の内圧が如実に影響を受け、お身体の弱った部分に影を落とします。その中でも腰への負担は著しく、梅雨の時期には慢性的な腰痛からギックリ腰の症状を訴えて来院される患者様がいらっしゃいます。

慢性の腰痛からギックリ腰へ…

今年は猛暑と予想されておりますが、ここ数日も、厳しい暑さが全国に展開されております。熱中症にはくれぐれもご注意下さい。こう言う時こそ、バテから来る慢性の疲労から、筋肉中の電解質が損なわれ、筋肉に損傷が起こります。

腰痛でお困りの方にインナーマッスルセラピーを!

インナーマッスルセラピーは、筋肉の深層部に潜む筋硬結と言う痛みの原因に刺激を与え、悪くなってしまった筋肉の根本改善を狙った治療です。腰痛は基本的には慢性的な痛みの蓄積によるものが多いですが、それを騙し騙し放っておくと、「魔女の一撃」と言われるギックリ腰を招きかねない自体になってしまいます。ギックリ腰になってしまう前に、是非一度インナーマッスルセラピーを受けてみて頂きたく思います。

腰痛は早期治療がおすすめですっ!

二足歩行が出来る人間にとって、身体を動かす為の起点が腰にあたります。昔の武術の達人などは「丹田」と呼称し、腰の存在を重要視しておりました。運動の出発点であり、身体を支える要の部分である腰。是非おざなりにせず、ギックリ腰やヘルニアを患ってしまう前に早期の治療をおすすめ致します。

腰痛でお悩みの方に

腰痛は、様々な要因で発症する事がございます。例えば、日頃の肩こりが原因の場合もございますし、昔患った足首の捻挫を、痛みが消えた現在でも知らず知らずにかばった様な形で歩行を」している事が原因であったりいたします。少しでも心当たりがおありの方は、是非たんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院へご相談ください。

辛い腰痛、当院にご相談ください!

腰は身体の要とも言われるように、身体の真ん中で色々な部位と繋がっています。腰が痛くなるとあちこちに悪影響がでますよね。肩が凝る・足が痺れる・首が痛い・などの症状ももしかしたら腰が原因かもしれません。腰を治療してスッキリ帰られる患者様も多々いらっしゃいますので、一度たんぽぽ整骨院阿佐谷北口院までご相談ください。

腰痛は我慢なさらず、是非当院まで!!

重だるい腰痛は、我慢をしていると後々悪さをして来ます。腰が重だるい状態になってしまっている時点で、いつぎっくり腰になってもおかしくない状態なのです。是非、我慢せず、早期の段階で治療を受ければ改善も早いですし、嫌なぎっくり腰にもならずに済みます。

腰は体の中心=要です

腰痛を放っておいて損する事はあっても得する事は無いはずです。体の中心に不具合があるのでそこから身体のあちこちに不具合や痛みが拡がってくると言っても過言ではありません。ぎっくり腰になると動くのも辛いと言われていますので、腰に痛みや違和感を感じたらお早めに治療を受けられることをお勧め致します。何事も早期発見早期治療です!

腰痛を後回しにしてはいけません

スリむいたり血が出てしまうような目に見えるケガではない腰痛は治療を後回しにしてしまう人がおおいです。筋肉を痛めてしまう原因としては捻挫や肉離れのように筋肉が耐えられないような力が加わってしまうパターンや日常生活でため込んだ細かい傷が蓄積して起こる状態と2パターンあります。後者の方が軽く見られがちですが長年溜め込んでしまうとなかなか良くなりにくくなってしまいます。
筋肉が硬くなってしまうと腰痛に繋がります。たとえば夜に寝ている間に身体自体は血液循環をよくするために血管を拡張したりリラックス状態になるように働いています。しかし身体が冷えたり寝返りを打たず長時間同じ姿勢でいると血管や筋肉が圧迫されて血液循環が滞ってしまいます。身体の深部から冷たくなってしまいます。
筋肉は血液循環が悪くなってしまうと硬くなってしまいます。
硬くなった筋肉は要は傷のつきやすい状態なのです。なので身体が硬い人は柔軟性のある方に比べて身体を悪くするリスクは高いのです。
鈍痛がいつまでもしつこく続く
痛み自体はさほど大きくなく、鈍く重苦しい痛みであったり、「ズキズキ」、「ジンジン」、「ジーン」といった体の奥に響くような痛みである場合が多いです。
不快な痛みが慢性的にダラダラと続いたり、痛みがおさまったり強くなったりを繰り返したり、徐々に強くなっていく場合もあります。腰のこり、張り、疲れ、重さなどの違和感や不快感を感じることも良くあります。一刻も早く腰痛治療を行いましょう。

この時期の腰痛は要注意です!!

腰は体の中心、背骨際にはたくさんの神経や筋肉や血管が張り巡らされており、それらは緊密に繋がり合っています。
身体に疲れがたまったり傷がついたりすると、身体の奥にある深層筋が凝り固まる筋硬結という状態になります。
この筋こうけつの正体は日常生活やスポーツ、お仕事なんかでも筋肉に傷がついてしまった筋肉が治りきらないとしこりの様な状態となり、血流を邪魔して神経や筋肉に悪影響を及ぼして更に傷が治っていかない状態になってしまうのです。
筋肉が治っていかない状態には大きく分けて2パターンあります。1つ目は肉離れや捻挫のように筋肉が耐えられない負荷がかかって筋肉が大きく切れてしまう状態と、もう1パターンは先ほどお話にありました、日常生活や簡単な運動なんかでも筋肉の繊維は細かく切れてしまっているのです。この細かい傷が治りきらないので筋硬結が出来てしまうのです。当院の治療は筋硬結を取り除き、健康な状態を取り戻します!

当院へのアクセス情報

所在地〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-36-14 横川ビルC棟1F
駐車場近くにコインパーキングあり
電話番号03-3338-5228
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜日