MENU TEL

むくみ

杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院でむくみを改善し病気の予防

立ち仕事をされている方などですと、特に脚のむくみが気になるのではないでしょうか。夕方になると脚がパンパンになってしまい、痛みやだるさ、しびれなどを感じるということもあるかと思います。これは血管を圧迫してしまうなど血流の悪さによって起こってしまうのです。よくある症状ですが、杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院にて根本から改善させていくことができます。むくみが起こらないように身体を調整していくことができるのです。

身体に老廃物が溜まっています

むくみというのは、血液循環が悪く老廃物が溜まってしまっている状態のことです。本来ならば老廃物は身体の外に排出されるのですが、循環がうまくいかないことによって一部分に溜まり、むくみとなってあらわれてくるのです。そのため、杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院では、血液循環を改善させるための治療をおこないます。手技療法によって身体のバランスを整えていくのです。ニキビができてるなんてあるともしかしたら・・・もしかして・・( 一一)

今後の病気を予防するためにも必要な治療

むくみというのは急を要するような症状では御座いませんが、身体に老廃物が溜まり続けるというのは健康のために決して良いことでは御座いません。杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院にて改善させておくことが、今後のさまざまな病気を予防するためにも効果的だと考えられます。

顔や足だけではなく全身にむくみが起こります

よく「むくみ」と聞くと顔がむくむとか足がむくみと思い浮かべる方がいらっしゃるかと思いますが、実は全身に起こります。体に悪いところにできやすくこれは血流の悪さによりその場所が特に悪いという状態になっております!

むくみが気になる方必見!!

手足や顔がむくんで気になる・・・という方、血流が悪くなっているかもしれません。自律神経を整え身体の奥にできた筋硬結を取り除くインナーマッスルセラピー(深層筋治療)で、むくみや身体の不調を改善しませんか?たんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院でお待ちしております!

デスクワークなどで長時間座るとむくみやすくなる可能性が!

同じ姿勢をとることで腰とお尻の筋肉が硬くなり血流が悪くなります。足の血管や神経というのは腰から繋がっているので、筋肉の繋がりで腰から段々筋肉が硬くなる・血管が縮んでしまうなどの要因で血管の外から水分が出やすくなります。なのでお仕事中どこかちょっとした時間で椅子から立ち上がり体を動かすくせをつけましょう。ほっとくとむくみが治りにくく痺れが起こることも・・・

むくみが酷くてスカートやショートパンツ、素足になるのが抵抗あるとお悩みの方必見!

足のむくみが酷くて着る服に困る方がいらっしゃるかと思います。足のむくみがなければ良いのになというお悩みの方も腰や腿の筋肉を良くしていけば血流が良くなり症状が解消されます。もうすぐ温かくなる季節!春に因んでスカートやショートパンツをはいておしゃれをしたいという方!今のうちにむくみをなくして今年はオシャレを楽しみましょう!!

むくみの原因は、筋肉の緊張です!

日常生活での慢性的な緊張が筋肉の柔軟性を低下させ、血流を悪くさせます。そう致しますと、美容の大敵、むくみを引き起こします。しかもむくみを放っておきますと筋硬結と言いまして、筋肉にしこりが出来、更に循環障害を招き、筋肉の疲労が全然抜けない状態に陥ってしまいます。

むくみは万病の素なんです!

美容と健康の大敵「むくみ」。むくんだ顔や足は、あさの重だるさとともに本当にげんなりする事例ですよね。むくみと毎朝の重だるさは、決して別々の症状ではないんです!日ごろの慢性的な筋緊張が続きますと、筋肉の柔軟性が損なわれます。

気になる部分だけを揉んだりしても一時的にしか良くなりません!!

足がむくんでいて症状を改善しようと、その部分を一生懸命揉んだりたたいたりほぐしたりするかとは思いますが一次的に良くなりすぐに戻ってしまいます。血管の走行上・筋肉の繋がりの問題としてその部分だけではなく繋がりとして腰も良くしいかなければ持続はしません。なので治療も足だけではなく腰も良くしていく必要があります。

むくみは漢字で「浮腫み」と書きます。

ひらがなだと、疲れで出てくる美容の天敵の様な、軽いイメージがございますが、漢字で表記致しますと間違いなく病気の毛色が浮き出て参ります。実際筋肉が披露し柔軟性が損なわれた結果、血管が圧迫され血流が滞り、本来全身に巡るべき水分が血管から漏れ出し蓄積された状態ですので、軽んじる訳にはいかない症状です。

むくみにも効く、インナーマッスルセラピー

美容でのお悩みの筆頭格「むくみ」。ですが、むくみはれっきとした症状にあたります。むくみの原因は、その部位周辺の筋肉が硬化し、血管を圧迫し血流を阻害します。そう致しますと、滞った血液に含まれる水分が血管外に漏れ出し、周辺の細胞に蓄積されてしまします。飽和状態になってしまった細胞が更に周囲を圧迫し、血流を阻害し、組織の栄養不足を促進し、正しく健康不良のスパイラルを生み出してしまいます。

むくみが起きるメカニズム

「浮腫み」とは、スムーズに代謝が行われず、老廃物が山積した体液が一定の部位にとどまり続けている症状を言います。メカニズムとして、疲労が溜まり、それに伴う疲労物質が筋肉に緊張を与えます。そう致しますと、筋肉は硬化し、周囲の神経や血管を圧迫致します。圧迫された神経は痛みを発し、その痛みで筋肉はさらに緊張を高めます。さらに圧迫を促し、血管内の血液は滞留致します。そう致しますと、血液中の水分が周りに浸潤し、周辺の細胞を老廃物の蓄積した水分により水分過多になり、それが「浮腫み」と呼称するものです。

健康にも美容にも良くない「むくみ」

浮腫みのプロセスは、筋肉が何らかの原因で緊張し、緊張してしまった筋肉は硬化し、その筋肉と周囲に分布する血管を圧迫致します。長時間血管が圧迫されますと、血流が滞り、血液中の水分が周りの細胞に浸潤していきます。そういたしますと、細胞が余分な水分でブヨブヨになり、「浮腫み」が発生するのです。

夏に向けて「むくみ」を改善しましょう!

梅雨が明けると海へプールへとお出かけになる機会が増えますね。むくみが気になる方は水着になるのも躊躇したりしませんか?見た目も気になりますが、むくみは身体の内部で血流が滞り起きる症状なので、内面的にも放置するのは決して良くありません。インナーマッスルセラピーでむくみを改善しましょう!!

むくみの原因は血流障害です。

美容にも健康にも良くない「むくみ」。むくみは「浮腫み」と書きまして、症状としては余りよろしくない状態であったり致します。筋肉が硬化して血管が圧迫を受け、その筋肉の周囲の血流が滞ってしまいますと、血液の水分が過剰に血管から周辺の組織に染み出します。その結果が浮腫みになるのです。

夏の時期もむくみやすい

暑いとついついクーラーのきいた部屋や冷たい食べ物・飲み物を摂取しがち・・

そうなると体が冷えその刺激により、筋肉が収縮してしまい血管を圧迫してしまいます。そうなることにより血流が悪くなって血管の水分が外に出てしまい、むくみとなってしまいます。

寒くなってきてむくみの心配
寒くなってしまうと筋肉は緊張してしまい血管を圧迫してしまいます。
血液循環が悪いと血液の水分が結果の外に漏れ出てしまうのでそれがむくみとなってしまいます。
しっかりと筋肉を緩めてむくみの改善をしましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-36-14 横川ビルC棟1F
駐車場近くにコインパーキングあり
電話番号03-3338-5228
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜日