MENU TEL

冷え性

血液循環を活発化させる杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院の冷え性治療

冷え性の主な原因は自立神経失調や低血圧、貧血などがあります。体質だからと思って諦めている方いませんか?これらの原因は元々あって起きている可能性もありますのでこれらを除けば改善することも可能です!杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院では患者様の何処が悪いのかを把握しそれに対しての治療プランを設定します。

血液循環を活発化させます

冷え性というのは、血液の循環が悪くなってしまっていることによって起こる症状です。手足の先など血液が行き渡らなくなり、夜なかなか寝つくことができなかったりするのです。杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院では全身の血液の循環を活発化させるために、骨盤や背骨など骨格を矯正することも御座います。身体のバランスが整うことによって、身体の隅々まで血液が行き渡るようになり冷え性が改善されるのです。

心身の健康を取り戻すことが大切です

精神的なストレスを抱えていたり、不規則な生活習慣になっていたりすることで自律神経のバランスが乱れ冷え性を引き起こすことも御座います。杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院の施術にて心身共に健康な状態を目指していきましょう。

体を温める機能を全身に!

人間には、体を温める機能が備わっています。もちろん、足や手先も温める事が出来ます。足や手先が冷える方の多くは、その機能が足、手先で働いていないんです。何故働かないかというと、別の場所(もっと冷えている場所や体の悪い場所、生活上大切な場所)を温めようとしてしまい、足や手先まで温める事が出来ないんです。その多くは、腰痛です。腰を温める事を優先にしてしまうので、足や手先は後回しなんです。冷え症の治療は、腰から足の治療をすることで改善します。

 

冷えは冬だけではありません!

冷えというと、気温が寒い冬に多いイメージを持つ方が多くいらっしゃるかと思いますが、夏など暑い時期にも冷えというのが起こります。暑い時期というのはエアコンを使う機会が多いため、涼しく快適ではありますが実は身体にとってはあまりよくないのです。というのも冷えることによって筋肉を硬くしてしまい血液の循環が悪くなるからです。特にデスクワークなどで長時間座っていることが多い方にとっては同じ姿勢をするだけで体が悪くなるのに、エアコンのある環境でより体が悪くなってしまいます。なので長袖などを着て直接エアコンの風に当たらないように対策いたしましょう!いよいよ梅雨が明けて夏が本番へと突入しました!夜も暑さがありエアコンをつけて寝るという方が多くいらっしゃるかと思いますが、直接肌に冷気を当たらないようにしましょう!!

朝晩の冷え込みが厳しいです!注意しましょう!

冬というのは朝晩が特に冷え込んできたように感じます。体が冷えてしまうことにより筋肉が硬くなり血液循環が悪くなります。そうすると、手足が冷えてしまうといった症状が出てきてしまいます。そうならないようにあったかいお洋服を着るなど対策をしましょう!体を温めてあげるといった意識も持てると尚よいです!これから来る冬に向けて代謝の良い身体づくりを一緒にしていきましょう!

冷え性にお悩みの方必見!

女性は特に冷え性にお悩みの方が多いのではないでしょうか。手足が冷える、触るとお腹が冷たく感じる、など、少しでも血液の悪循環でお悩みの方は、ぜひ当院のインナーマッスルセラピー(深層筋治療)をお試しください。初めての方には10分間の無料体験もお試しいただけます。寒い冬を少しでも快適に過ごせるよう、私たちがお手伝いいたします!10分で何が分かるの?と

思う人も少なくないと思いますが、治療をするのと、治療をしないのでは雲泥の差があります。冷え性は万病の元にもなりますので、お早目にご来院ください。

足の冷え症の原因は?

足の冷え性に悩む人は多くいらっしゃいます。それを改善するために、足を温めたり、足をマッサージしたり、足つぼマッサージを受ける人がいますが、それは根本的な改善にはなりません。冷え性の原因は、足には無いことが多いのです。原因は、腰やお尻の筋肉なのです。腰やお尻の筋肉が悪くなると、足全体への血流が悪くなります。その血流の悪さが冷え性の原因になるのです。また、腰やお尻の筋肉が悪くなると、身体の免疫能力としてその場所を念入りに温めようとします。心臓や内臓、腰から遠い足を温める機能が十分に働くなってしまうのです。

足の冷え性を根本的に改善するためには、腰やお尻の筋肉をしっかりと治療する必要があります。

冷え症の原因は筋肉にあり!?

筋肉は、血液循環の為のポンプ作用がある事をご存知でしょうか?血管、特に静脈は自力では血液を循環する事が難しく、筋肉の弛緩や収縮を利用して、血液を心臓に送り届けるシステムを採用しております。血液は体温を維持する為にはきちんと循環していなくてはいけないんですね。ですので、筋肉がきちんと作用していないと、冷えを起こしてしまうのです。

冷え対策にはインナーマッスルセラピーです!

冷えの原因は、筋肉のポンプ作用の低下が起こす事!筋ポンプ作用の低下は、筋肉の柔軟性が損なわれた結果、ポンプ作用が出来ず、逆に周辺の神経や血管を圧迫し、痛みや痺れ、血行不良による栄養不良が生じ、益々硬くなって行ってしまいます。冷やによる負のスパイラルをインナーマッスルセラピーで打破していきましょう!

冷房による冷え、もございます。

最近は寒暖差が激しい不安定な天気が続きますが、段々と暑い日が多くなって参りました。ついつい暑さに負けて、冷房の温度を必要以上に下げがちですが、こう言う時の冷えは健康には非常に喜ばしくない状況なのです。冷房での温度調節はこまめにし、夏場の冷え症にならぬ様、何卒ご注意ください。

梅雨に向けての冷え対策

徐々にではございますが、ジメジメとした梅雨の気配が、雨脚とともに近づいて参りました。梅雨の時期は然程温度は高くないのですが、何せ湿度が高い為、ついつい冷房を入れてしまいがちです。更にそのままウトウト寝てしまったら間違いなくお身体を冷えさせてしまいます。是非、タイマー設定などを利用して、お身体を冷やしきらない様にご注意ください。

梅雨入り致しました。

梅雨が始まりました。ですが、この数日は梅雨らしい梅雨ではない様な状態で、とにかく急激な暑さが続いております。本日は少し過ごしやすい陽気になっておりますので、お身体をしっかりお休めになって、明日の元気を蓄えてください。暑さが続きますと、ついついクーラーや冷たいお飲み物を多めに飲んでしまいがちですが、是非、ほどほどにして頂き、お体を冷やさぬよう心掛けてください。

冷房による冷えにもご注意ください。

冷え性の方は、これからの時期、とても憂鬱になりますよね。そう、過剰な冷房による冷えが起きてしまうからです。特にデスクワークですと、運動量が減り、代謝が落ちてしまう為、尚の事冷えてしまうんです。是非冷房対策も怠らず、適度にストレッチなどの運動行為を行って、筋肉代謝を促すインナーマッスルセラピーを冷え対策のケアとして取り入れて頂くのも、非常に有効だと思います。

冷えすぎに注意!

夏は暑いのでつい冷房に頼ってしまいます。熱中症が気になるので尚更ですよね。社内や電車内の冷房調節は自分では思うようにできないので、そのようなときは出来るだけ自分でストレッチなど軽く体を動かすことで、血流を促してください。インナーマッスルを鍛えて冷房病にならないように気を付けましょう!

季節の変わり目に冷えの危機

身体のバランスは内部環境(ホメオスターシス)といって自律神経という神経を使って調整しています。自律神経は交感神経と副交感神経という2つの神経に分かれます交感神経は日中活動するときに優位になります。反対に副交感神経はリラックスしたり身体を落ち着けるときに優位になります。この自律神経がシーソーのようにどちらかが優位になります。血管も実はこの自律神経で拡張したり収縮したりと動くのです。この血管の拡張や収縮で抹消部に入る血液は変化してきます。全体的な血液量は心臓がどれくらいだすかで決まりますが、その血液を至る所に血液を循環させていくかは血管の働きが大きく関わるのです。季節の変わり目は内部環境の働きが乱れる方がいらっしゃいます。
そのタイミングで自律神経の乱れが起こり血液循環がうまくいかずに冷えや体調不良になってしまうのです。

当院へのアクセス情報

所在地〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-36-14 横川ビルC棟1F
駐車場近くにコインパーキングあり
電話番号03-3338-5228
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜日