MENU TEL

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは、欧米では”魔女の一撃”とも呼ばれています。そのぐらい、ぞっとする痛みであり、突如襲ってきます。昔は、原因が分かっていなかったので、魔女という表現をしていました。

医学的には筋・筋膜性腰痛と診断されることが多いです。ぎっくり腰も、原因は筋肉です。

ぎっくり腰は”慢性急性タイプ”と呼ばれ、慢性的な筋疲労が下地となり、急性的な腰痛となります。

慢性的な腰の症状がある方はぎっくり腰予備軍なのです。

ぎっくり腰の対策、症状には杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院へ

ぎっくり腰は今までの日常生活中での負荷が蓄積した状態で急な身体の負担姿勢や骨格の歪みなど様々な原因があります。このぎっくり腰は筋肉と深い関係があり、またぎっくり腰にまだなっていない方でも筋肉のケアをしっかりしないと、ぎっくり腰になってしまう危険性があります。この筋肉のケアをしっかりするには杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院にお任せください。患者様に合わせた今の筋肉の状態やケアのアドバイスをしっかりします。

安静にしていても激痛が走ることも

ぎっくり腰により動けなくなってしまって横になって安静にしていたとしても、寝返りも打てないほどの激痛に襲われることもあります。症状の程度は人によって異なりますが、慢性的な腰痛とは比べ物にならないくらい強い症状であることがほとんどです。時間が経過すると共に徐々に痛みは落ち着いてくるものでは御座いますが、原因を取り除きませんとぎっくり腰がクセになってしまうこともあるのです。ぎっくり腰は、筋肉の一部が急激に収縮を起こしている状態です。しかし、痛みが強くでてしまっているので、その痛みをかばうように、表面の筋肉を強く緊張させる事で腰や背中全体が固まってしまっている状態です。適切な期間、適切な治療を受けないと、ぎっくり腰が中途半端に痛みが取れてしまい、再発しやすくなってしまうのです。

杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院にて、ぎっくり腰の根本改善をして、身体のバランスを整えて再発防止に努めましょう。

痛み・炎症を素早く取り除きます

杉並区の阿佐ヶ谷駅から近いたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院のぎっくり腰治療は、手技療法や物理療法、骨格の矯正などお身体に合わせた施術により、素早くつらい痛みや炎症を取り除きます。施術後は、ご自身の足で歩いて帰宅できるほどに改善される方がほとんどです。ぎっくり腰を起こした際は辛いかとは思いますが、受傷直後が治りが

欧米では、『魔女の一撃』と言われています。

欧米では、魔女の一撃と言われています。それだけ、突如激痛が走るのが、ぎっくり腰の特徴です。原因は、筋肉である事がほとんどで、筋治療をすることで、必ず改善します。

ぎっくり腰は、筋肉の局所的な攣縮が原因です。

ぎっくり腰は、局所に小さなしこりができてしまったり、僅かな傷が筋肉に起こってしまいます。私たちの深層筋治療では、その局所に適度な治る刺激を与えることで、驚く程効果が出る治療法なのです。

慢性的に悪いとぎっくり腰にもなったり・・・

慢性的な状態は、細かな筋肉の断裂が起こり続けて、しこりがたくさんできている状態です。そして、そのしこりが積み重なった状態でくしゃみや椅子などから立ち上がりちょっとした動作や重いものをもったり走っていたりの急激な外力などで起こりやすいと言われています。つったように収縮してしまいそれがぎっくり腰につながる状態となります。要するに、慢性的な腰痛の筋肉の下地の上に、急性の筋肉の怪我が発生すると、ぎっくり腰になります。ぎっくり腰は重症から軽症までありますが、重症だと一切動けない状態になります。普段から慢性的な腰痛がある人は、その症状に対してい治療を継続的に行う事で、慢性腰痛を改善することは勿論、ぎっくり腰の予防にもなりますので、しっかり治療を受けましょう。

ぎっくり腰になってしまうかもしれない人の特徴

ぎっくり腰にならないためには事前のケアも大事です。しかし自分がぎっくり腰になってしまうのかわからないから、どんなケアをしたらいいかわからない方もいらっしゃると思います。そこでぎっくり腰になる可能性のある人の特徴は、「腰が突っ張った感じがして変な違和感を感じる」、「寝返りを打つときに腰に痛みを感じる」、「長時間座ったままでいると腰に痛みを感じる」、「普段しない動作や姿勢をして腰に負担をかけてしまった」、「腰に疲れがたまっているように感じる」「足の裏にしびれを感じる」という人はなってしまう可能性があります。そんな方に対して、当院ではその違和感や痛みを改善する事が、ぎっくり腰を起こさない最大のケアだと考えております。たんぽぽ整骨院の深層筋治療を受ける事で、腰痛の無い身体を手に入れる事ができますよ。

急に寒くなる時期には要注意!!

秋から冬の時期にかけてぎっくり腰の発生というのは高くなります。その原因となっているのが「冷え」「同じ姿勢」「疲労物質の蓄積や細胞の酸欠」寒くなると筋肉というのは体内の熱を逃がさないように筋肉が緊張し固くなります。また12月の時期というのは仕事が慌ただしく忙しい時期であり、それによる長時間の同じ姿勢の負担や疲労がたまったり筋肉がより負担がかかっいる状態となります。ぎっくり腰にならないためにも、ホッカイロや腹巻などで腰を温めたり、30分に1回は立ち上がったり体を動かすといった心がけが必要になってきます!

突然の痛み、でも実は!!

急な痛みで動けなくなるぎっくり腰、でも本当は少しずつその原因が積み重なっていて、ある時何かののきっかけで発症するのです。ご自身では自覚がなくても身体は毎日重労働をしています。突然の発症を抑えるためにも、重いものを持ち上げるときや振り向くときなど、急激に動かずに一呼吸おいて動いてみてください。急な動きが眠っているぎっくり腰を引き起こすかもしれませんので、ご注意ください。

ぎっくり腰は安静に・・・ではなく、治療しましょう!

ぎっくり腰はあまりの痛みで動けなくなる方が多いと思います。が、実は、血流を促して上げた方が自己回復力が高まり、治るのも早くなるのです。筋肉は使う事(伸び縮みをさせるために、関節を動かす事)で痛みの物質、疲労物質を流したり、全身の血液循環の改善する事が出来ます。痛みを避ける為に、動かさないと痛みが引いているのも遅くなってしまいます。

少しでも動けるようになったら、当院のインナーマッスルセラピー(深層筋治療)を受けてみてください。血液循環を良くして、少しでも早い回復を目指しましょう。

突然の痛み=ぎっくり腰かも

ぎっくり腰は色々な原因の積み重ねで起こるものですが、痛みとしては突然やってくるイメージが強いと思います。急な激痛で動けなくなってしまい数日安静にしなければ、と思われるでしょうが、実は少しでも動けるようになれば適切な治療を受けた方が血流が良くなるので治るのも早くなるのです。たんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院にご相談いただければ、どうすればよいのかをアドバイスさせていただきますので、遠慮なくご連絡ください。

ぎっくり腰はお身体のメンテナンスで痛みの繰り返さない体を作れます!

ぎっくり腰はお身体のメンテナンスができていないと起こっていしまいます。普段から負担が大きくかかってしまっている方の場合今までかかってきた筋肉の負担の積み重ねによって発症してしまうものなのでそうなる前に処置をしていく必要があります。ぎっくり腰治療はもちろん、繰り返さないように根本治療も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

少しでも違和感を感じたらがぎっくり腰の合図

ある時ちょっとした動きにより起こるのがぎっくり腰。しかし普段痛みを感じていないという人でもある時突然起こるもの。人によってはぎっくり腰を起こす前に「急になんだか重くなった・動きが悪くなった・動かすと違和感ピキって感じるようなものがある」というのがぎっくり腰になる前の合図です。その合図を見逃さず、少しでも違和感を感じたら治療をするもしくはご連絡を頂ければと思います。

ぎっくり腰の方、多いです!!

ここ数日ぎっくり腰の患者さんがとても多いです。日曜日は3名の新規患者さんがみなぎっくり腰でした!この気温の寒暖差、季節の変わり目、が影響しているようです。少しでも不安を感じたらなるべく早く治療にお越しください。動けないほど重症の方以外は少しでも血流を促してあげた方が改善が早くなります。当院のインナーマッスルセラピー(深層筋治療)でお早目のケアをしてくださいね。

ぎっくり腰、気をつけてください!!

日常の動きしかしていなくても突然ぎっくり腰になることがあります。例えば、顔を洗うとき。くしゃみをしたと時。靴を履こうと屈んだとき。鞄を持ち上げた時・・・・。これは、これまでに積み重なった腰への負担がしこりになって血流を悪くしている為に起きてしまうのです。皆さんは、ふくらはぎがつってしまった事はありますか?ぎっくり腰は、それが腰の一部で起きてしまっているような状態なのです。
何気ない動作でも激痛です。
。日ごろからあまり運動をしていなかったり、腰がだるいなどの症状がある方は、寒暖差の激しいこの時期、ご注意ください!危ないかな?と思ったら、放っておかないで、阿佐ヶ谷のたんぽぽ整骨院で、深層筋治療を受けてみてください。

ぎっくり腰は筋肉へ傷がつくことによっておこります。

ぎっくり腰と聞くと急になってしまった、重たい荷物を持ったから、急な動作をしたからと急になってしまったように感じますが、実は今まで筋肉にかけてきた負担によって引き起こされてしまった怪我なのです。ですから、筋肉に負担がない状態(筋肉についてしまった傷が治った状態)を保つことが出来ればぎっくり腰にならなくて済みます。ぜひ一度当院のインナーマッスルセラピーを受けてみてください!治療効果を実感できるはずです!

ギクッときたら・・・たんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院がお助けします!

突然襲うぎっくり腰!実は突然ではなく、小さな積み重ねが何かのきっかけで急に痛みとなって現れるのです。じっとしていれば痛みは軽減されてきますが、少しでも動けるのなら早めに治療を受けられることをお勧めいたします。治療により血流を促した方が治るのも早くなり、再発しにくくなります。ギクッときたら、ぜひたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院までご相談ください!

ぎっくりはふとした瞬間にきます!

ぎっくり腰は普段から慢性的に筋肉が硬く、血流が悪くなっている方がなってしまう神経症状の一つです。

ですので少しかがんだ際など怪我をするわけもない動きでぎっくり腰になってしまいます。

腰の筋肉を傷めたと思って湿布を張ったりしている方もいますがその筋肉の傷はもっと前についたものなので湿布を張っても痛みが和らいでも治りません。

治したい方は当院の施術を受けて頂くことをお勧めいたします。

あれ?腰が・・・そうなる前に!

突然襲うぎっくり腰で動けなくなってしまった!軽いぎっくり腰だと多少の動きはできるようですが、重症の方はしばらく動けないとお聞きします。そうなると、日常に様々な支障が出てきて困りますよね。そうなる前に、一度たんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院でからだのメンテナンスをお勧めします。当院では、インナーマッスルセラピー(深層筋治療)を施し、これまでに蓄積されたからだの内部の悪いところを見つけ出し治療します。表面の単純なマッサージではなく根本治療を目指す治療法です。是非一度お試し下さい!!

魔女の一撃!!

「ぎっくり腰」は別名「魔女の一撃」とも言われるほど、突然の強い痛みに襲われます。日ごろから積み重なった腰への負担が、ほんの些細なきっかけで突然悲鳴を上げて動けなくなり痛みを発します。腰のSOSとも取れますね。全く動けない場合は安静にした方が良いかもしれませんが、なるべくなら周囲の筋肉が凝り固まらないようにインナーマッスルセラピーを受け血流を促してあげた方が早く良くなります!少しでも動ける方はたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院までご連絡ください!

季節の変わり目に要注意!!

日中はとても過ごしやすい気温になったかと思うと朝晩はまだまだ冷えます。こんな季節の変わり目、急に薄着になり腰を冷やして痛みを感じたり、今までに積み重なった負担が一気にぎっくり腰として現れたり、腰の辛い症状でお困りの方、ぜひたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院までご連絡ください。最近ぎっくり腰でご来院の方が増えていますが、みなさま痛みが軽減されてご来院時よりは足取りも軽やかにご帰宅されます。痛みは我慢しないで当院までご相談ください!

魔女の一撃を受けてしまったら・・・

以前はぎっくり腰は安静が第一と言われていましたが、もし動けるならなるべく早く当院の治療を受けてください。身体の奥の深層筋を刺激して血流を促すことで腰に受けた傷を根本から改善していきます。治療は出来れは48時間以内に受けるのが望ましいとされていますので、動ける程度の方はお早目にご相談ください!

気圧の変化にもご用心!!

天気の乱高下が激しい昨今、体調が不安定な感覚はございませんか?体内は、皮膚に包まれた水風船の様な状態でございまして、気圧の変化に非常に敏感なんです。そう言う気圧の変化は、ぎっくり腰を誘発する原因の一つと言われております。そういう時は是非ご無理をなさらず、我々たんぽぽ整骨院にお任せください!!

ぎっくり腰になってしまったら…

突然襲ってくる「魔女の一撃」ぎっくり腰!!ですが本当は、日々の慢性的な腰部の筋肉の疲労が原因の1つだったり致します。筋肉の慢性的な疲労は、なかなか実感する事が出来ず、いつも通りの生活をしていて筋疲労の均衡が崩れた時、突然襲って来る様に思うのです。まずは一度ご相談ください。

気圧の乱高下の季節、ぎっくり腰に要注意!

ここ数年日本の気候は温帯から亜熱帯に変わったかのように、突然の雷雨や突風、晴れたり曇ったり、暑かったり涼しくなったり・・・目まぐるしいお天気の変化に身体がついていくのが大変です( ;∀;)そんな時普段から腰に不調を抱えている方はギクッとなる可能性が大きいので、もし違和感を感じたらお早めにたんぽぽ整骨院阿佐ヶ谷北口院までご相談ください。重症化する前にインナーマッスルセラピーでお身体のケアをしましょう!

ぎっくり腰でお困りの方

ギックリ腰は、「魔女の一撃」と言う別称もあるほど、激しい痛みに襲われる腰痛です。特に梅雨の時期は気圧が不安定になりますから、背骨周りの症状は非常に出やすいです。ぎっくり腰は、急性の症状に思われがちですが、実は慢性的な疲労が積み重なった結果、ちょっとした動作がきっかけとなって発現致します。

夏バテからのぎっくり腰…ございますっ!

夏バテによって、筋肉内の栄養が損なわれ、その様な状態で無理をしてしまい、腰に負担がかかった時にぎっくり腰になってしまうことがございます。慢性的な疲労感や、夜間に足がつったりした場合は、夏バテぎっくり腰警報です!!

ぎっくり腰になってしまわれたら…

ぎっくり腰になってしまったら、まずは焦らないことです。激しい痛みでなかなか難しいかもしれませんが、少し落ち着いてゆっくりさせる事が大事です。もし、お身体を動かせるようであれば、可能な範囲で結構ですので、ゆっくりじっくりと、可動域を上げられる様にストレッチを行ってください。ですが決して無理をなさいません様に。そして、症状が落ち着き少し歩行が可能になって参りましたら、先ずはお身体を温めて、腰部の筋肉の過緊張を取って行きましょう。筋肉の緊張がほぐれてきましたら、再度可能な範囲でストレッチをしていただきます。これをこまめに行っていただければ、痛みの度合いがだいぶ改善されると思います。

ぎっくり腰予防は慢性腰痛の改善です!

ぎっくり腰は、突然襲ってくるものではございません。

大概は、慢性腰痛がピークに達し、何らかのトリガーを経て「起こるべくして起こる」症状なのです。

ですので、慢性腰痛を「いつもの事」と放置せず、是非一度当院に来院なさってください。

腰痛改善の為、治療は勿論、ぎっくり腰予防の生活指導などもさせて頂きます。

痛みをだまさない…

よく痛みがあるとだましだまし仕事をやらなきゃ、運動しなきゃと自分の身体を酷使してしまいます。

こうしてだましだまし生活しているとどんどん筋肉にダメージをため込んでしまいます。

結果ぎっくり腰になりやすい筋肉になってしまうのです。

当院へのアクセス情報

所在地〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-36-14 横川ビルC棟1F
駐車場近くにコインパーキングあり
電話番号03-3338-5228
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜日